Top↑

Windows用のUSB10Keyの有効利用を導入してみた

2019年6月24日FREEソフト

txt

10KEYを有効利用しようと考え記事を書きました、新しい発見を見つけていただければ幸いです

USB-10Key何を連想しますか

皆さんは10Keyと言われたら何を連想しますか。
数字入力専用のキーボード
エクセル専用

使い方は様々でしょうが、私はボタンに動きを登録しています。

多くの方が

文字列ならアルファベットにも登録できるよ。

とおっしゃるでしょう。
いいえ、少し違います。

イメージは押したら動く

例として、押したらでるそうです、リモコンと考え方は同じです。
パソコンのキーボードでロボットを操作する感じ。
文字の変換とは元が違います。





 AliExpress.com Product
 Emakefun Arduinoのロボット4WD車
 アプリRcリモコンコントロールブルートゥースロボット
 学習キット教育幹おもちゃ子供のため

 

先ほど出た、アルファベットの所ですが、これは入力変換を利用したIME(input method editor)の単語登録機能です。

単語の登録

キーボードに単語を登録する機能です。
こちらは、昔からあるウィンドウズの文字変換の候補の一つです。

文字変換の候補

文字変換の候補を登録する事で入力作業の軽減ができます。
こちらは、ブログの編集時やワード文、デスクワーク系のお仕事に重宝している機能のひとつですね。
これではありません。





今回使用する極安10Key

ちょっと、キーボードの説明を挟みます
今回、使うUSB10Keyです、超PRC仕様見え見えです。

 

今回、ご紹介するアプリは AutoHotKey

AutoHotKey 導入していきま~す

AutoHotKey オフィシャルサイト
です。(上のブログカードも同じURLです)
こちらも古いシステムですが、USB10Keyをカスタマイズしたいとなると、どうしてもこちらのソフトになってしまいます。

こちらは、アプリ化されたもので、初心者には使い易いと感じました。
直感的に始められるのも魅力です、しかし開発は2012年に終了されているようです。

しかし、多くの機能を割り付けないのであれば、今でも十分使えるし使っています。

AutoHotKeyの優れているところ

・ アプリ呼び出しボタンとして登録できる
・ ウインドーズの短縮キーを登録できる
・ アプリなどの動作の条件式を入れられる
・ テキスト登録できる
判りにくいので、飛ばしてください。

AutoHotKeyのインストール手順

まずはアプリをインストーしましょう。
AutoHotKey オフィシャルサイト
上の行でリンクされていますので、オフィシャルページを別窓で開くことができます。

アプリのTOPページが開けたと思います。
画面で確認、そうしましたら、

緑のダウンロード

ミドリと白のボタンがありますが、基本緑のボタンです、『ダウンロードする』はフォーラムに移動ですのでお間違いないように。

緑のますがダウンロードボタンです、白ますはフォーラムのリンクです。

『現在の』ダウンロードを押します。
または、写真のような『現在のバージョンを』を選択してください。
バージョンはAutoHotKey 1.1.30.03
『バージョンの』ではありません、こちらは旧バージョンです。

AutoHotKeyの保存場所

AutoHotKey_1.1.30.01_setup

 ダウンロード先はデスクトップとしましたが、
 特に指定の場所はありません。
 現在のバージョン:v1.1.30.03 – 2019年5月1日
 Current version: v1.1.30.03 – April 5, 2019

今回は、ダウンロード先を
デスクトップとしましたので、これでお話を進めていきます。

AutoHotKeyを開く

 

デスクトップにダウンロードできました。
このアイコンです。
AutoHotKey_1.1.30.03_setup
を、左クリックで、出現する項目(下図)のUnicode64-bitを選択してください。

現在では、ほとんどの家庭用PCは64ビットと思われるので、Unicode 64-bit を選択してください。

上図はすでにMypcはインストール済みなのでアップグレードと表示しております。

インストールします

Express Installationを選択してください。下図を参照してください。

もし64ビットか32ビットのどっちか判らない場合は、下記に調べ方が載っております。
ご注意)これ以上リンク深堀りしませが、画面表示が503サービスエラーでもこのままで観覧できます。

先のサイトは、会社名が『日本○○』です、121ware.com でリンクされております。

検索ワードは  32と64 win調べる

もし、お使いのPCが32ビットならば、Custam Installationを選択し、お使いのPCが64ビットならば、Express Installationを選択してください。

32の場合

PCが32bit版をお使いの場合は2行目のカスタムインストレーションを選択してください。

Custam Installation

Custam Installationを選択してください。
そうしますと、次の画面で、3行ある1番上の

Unicode 32-bit

Unicode 32-bitを選択してください。
64-bitの場合は写真2枚上のExpress Installationを選択してください。

その次に、インストール先の指定がございますが、Cドライブ中ならば変更しても構いません、今回はそのままの設定で進めてご説明いたします。

それでは、

NEXTを押します

NEXTを押して、インストールが始まります、一瞬です。
終わりましたね。

Exit

Exitで、終了してください。
次に、自作サンプルファイルのダウンロードに移ります。

ダウンロードファイル ↓
autohotkey2018_02
場所は、グーグルドライブ内に保存してありますので、使ってください。

プレビューはできません

警告メッセージですが、プレビュー(表示)できないためのメッセージです。

AHKタイプの文字列なので、グーグルドライブ内では表示できません。
notepadでも無理でした。拡張子はAHKです。

ダウンロード

そこのダウンロードを選択していただき。

日々の出来事をupしております

Line@gvn3146t

#uieco_music をインストする

デスクトップ

今回はデスクトップにしましたが分かり易い場所に保存してください。

保存

 

お疲れ様、あと少しです

アイコン

 

デスクトップの、そのアイコンを

右クリックの説明を少しします

右クリックしますと、上の方に

Run Script

Run Script 言葉通り実行です、10Keyにプログラムが適用されます。
テンキー付きキーボードのテンキー部にプログラムが適応されます、同じく、USB10Keyにもプログラムが適応されます。

 

解除したい場合は
隠れているインジケーターを表示というへの字のマークが画面右下にありませんか?
この中の緑Hのマークを右クリック⇒Exit これで終了できます。

それでは再回ですが
ダウンロードしたアイコンを右クリック⇒Run Scricp これで実行できます。

Compile Script

Compile Script機能はAutoHotKey本体ソフトが無いPCでも使えるようにするものです。

これで作成したファイルをメモリースティックなどに入れて
他のPCで使う場合を想定していると考えております。
今回は利用しません。

Edit Scriot

Edit Scriotはプログラムの編集モードです。
サンプルプログラムは10Keyを左横にしてキーを割り当てています。

慣れてきましたら変更して使ってください。
キーの登録名も載せておきます。

↓キーボードのキーの名前が載っているサイトです↓

サンプルデーターの中で出来ていない物もあります。
それは

・ メール
・ Ie
・ TABキーはこのまま使っていますが

この3キーはまだ、停止させる事が出来ていません。
電卓ボタンは変更できました。

000は3回のリピーとがUSB10Keyに組み込まれている様です。
こちらも、変更できません。

その他は変更できますが、まだ全部は使っていません。





仕組みをざっくり簡易説明いたします。

今回はキーにテキストデータを乗せて、入力作業を楽にする方法をご紹介します。
自作サンプルの抜粋です。

;///// グローバル変数の定義 ///// RAKUTEN :="今回は下の楽天シュップリンクより購入いたしました。"+"
{Return}{Delete}" ;///// 動作中のソフトを認識した時だけ #IfWinActive, ahk_exe chrome.exe ;chromeがアクティブなとき ;///// スラッシュキーに楽天購入を割り当てる Numpaddiv:: ;スラッシュキーの名前 global RAKUTEN ;グローバル変数を参照するための宣言 Send,%RAKUTEN%      ;今回はを表示 Return ;サブルーチンを終了 ;/////////////////////////////////////////////

グローバル変数とは

グローバル変数=みんなが使える変数。
大体、一番上に記述します。

RAKUTENが変数です

RAKUTEN := “今回は…”

RAKUTENが変数の名前、aでもbでも直感的に読める文字列にしましょう。
”今回は…” 出力させたい文字列
+ たします。そのままです。
<br>{Return}{Delete}” 改行して1文字カーソルを戻します。
これで <br> と同じ行の次にカーソルが待機します。

これを変数化しているので、実行文では変数を呼び出せばよいのです。
実行文がスマートに書けます。
次に

条件を決めて、実行させます

それは

指定のソフトを認識した時だけ

#IfWinActive, ahk_exe chrome.exe
それは

chromeがアクティブなときだけ

ここで指定しています。

どのキーにするか

今回は
( / )スラッシュに楽天購入を割り当てる

Numpaddiv が / の名前です。これを使います

10Keyにありがちなマークのキー名を乗せておきます。

NumpadMult = *
NumpadAdd = +
NumpadSub = –
NumpadEnter = Enter

Numpaddiv ::コロン2個は’押したら’
global RAKUTEN グローバル変数を呼び出します。
Send,%RAKUTEN% 実行分です( % )に挟まれています
Return 戻るとか終了という感じ。

いかがでしたか、判った方はすごいですね。
私は2か月ぐらいかかりましたから、でもまだまだです。

苦労したのは、日本語/英語時の分岐と写真説明の記載
ここでは、今の状況を取得してから判断ですので苦労しました。

こちらの解説は次回にいたしますが、ダウンロードしたファイルで学習をしてください。

購入した10keyはサフェーサーとつや消し白スプレーでモデファイいたしました。
文字はテプラを使用いたしました。
モデファイの記事は別でupいたします。





しめくくり

テキストデーターはgoogleドライブでいつでもダウンロードできますので、末永く使っていただければ幸いです。

ダウンロードファイル ↓
autohotkey2018_02

 

日々の出来事をupしております
Line@gvn3146t

#uieco_music をインストする
*~*~ OGH居住者限定のイベントもご案内しております *~*~

少しずつ、改変していきますが、使っていただければ良いと思います。
今回はこれで終了です、
ありがとうございました。

スポンサーリンク